家庭用脱毛器でシミ、そばかすは減らせるの?それとも増えちゃうの?

家庭用脱毛器でシミやそばかすを消せるという口コミやブログがある一方、増えてしまったという口コミもみかけます。
初めに答えを言ってしまうと、家庭用脱毛器でも脱毛器の種類を選べばシミ、そばかすを消すことはできます。またアフターケアを怠らなければ、脱毛後のシミを予防することもできます。
この記事では、シミ、そばかすに効果のある脱毛器や脱毛後のアフターケアについてまとめました。

家庭用脱毛器でシミ、そばかすは消せる

結論を先に言うと、家庭用脱毛器でシミやそばかすは消すことができます。
ただし、「使用する家庭用脱毛器の種類によっては」という条件付きです。
というのも実際に通販などで購入できる家庭用脱毛器には主に

  • フラッシュ式
  • レーザー式
  • サーミコン方式

と3種類あり、その中でも一般的な家庭用脱毛器でシミやそばかすに効果があるのはフラッシュ式のIPL脱毛なのです。

IPL脱毛でシミやそばかすは改善するの?

IPL脱毛の光が直接メラニンにアプローチ

IPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛には、名前にもあるIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を利用しています。
このIPLがシミやそばかすを改善してくれるのです。

IPLは美容医療やエステでも使用されている光で、IPLを用いた治療法を美容医療やエステではフォトフェイシャルと言います
今でこそフォトフェイシャルは一般名詞になっていますが、もともとフォトフェイシャルというIPLを使ったシミ治療器の名前です。
現在ではシミ以外にもそばかすやハリ、小じわの改善、赤ら顔やニキビ跡の改善などにも使用されています。

IPLに含まれる光はメラニンに反応し、熱に変わります。
この熱がメラニン色素を破壊し、色素沈着を薄くしてくれるのです。

メラニン色素は毛にも含まれており、毛根にもメラニン色素はあります。
つまりIPLを毛に照射すると毛根のメラニン色素に反応して発熱し、毛が生まれる細胞(毛母細胞)を破壊、これにより脱毛効果を得ることができます。

そんなIPLを脱毛という使用方法で利用したのが、IPL脱毛になります。
脱毛に焦点を合わせているだけなので、使用している光はIPLに変わりありません。
そのため、IPL脱毛でシミやそばかすの改善を図ることができるのです。

IPL脱毛でターンオーバーが促進させ、シミを薄くする。

IPLには脱毛やしみ、そばかすの改善以外にもお肌のターンオーバーを促進する効果があります。

ターンオーバーは年齢とともに変化するため、一概には言えませんが、20代の平均が28日といわれています。
ただし、年齢を重ねることでターンオーバーの周期も長くなります。

そのため年齢を重ねた状態で一度シミができてしまうとなかなかなくならないのです。

そんなターンオーバーをIPLは促進させてくれます。
ターンオーバーが促進されることで、しみを早く消すことが可能になるのです。

脱毛をすることで自己処理を減らせる。

脱毛をすることで、シミの防止にもなります。

一般的にシミや黒ずみの原因は紫外線といわれていますが、ムダ毛をカミソリ等で自己処理することも原因の一つになります。
カミソリを使用したムダ毛処理は、お肌に余分な刺激を与えてしまいます。
この刺激によりメラニン色素が増殖し色素沈着が起こってしまうのです。

しかし家庭用脱毛器で脱毛することにより、ムダ毛の自己処理はなくなります。

自己処理をしなければ、お肌に余分な刺激が加わることもないのでシミ予防にもなるのです。

フラッシュ式(IPL)家庭用脱毛器は濃いシミにも使ってもいい?

フラッシュ脱毛器がメラニンに反応するため、濃いシミやほくろに使用するとやけどを負う可能性があります。

そのため、濃いシミやほくろへの使用は避けるのがおすすめです。

できれば、家庭用脱毛器の取説にあるスキントーンチャートで使用できる肌色を確かめてみましょう。

家庭用脱毛器を使ったらシミができたってホント?

家庭用脱毛器を使用することでしみができることはあります

しかしきちんと対策すれば、防ぐことができるシミなのです。
またシミと勘違いしているパターンもあります。

ここでは家庭用脱毛器を使ってもシミを作らせない対策と陥りがちな勘違いを紹介します。

脱毛した後は保湿が重要

脱毛後のお肌には保湿が欠かせません。

特に脱毛直後のお肌は普段よりも乾燥した状態です。
なぜなら脱毛時の熱がお肌の水分を蒸発させてしまうからです。
乾燥した状態を放置してしまうと乾燥小じわの原因にもなりかねません。
まずは普段使っている化粧水などで保湿を行いましょう。

また脱毛をした翌日以降のケアも重要です。
なぜならお肌のバリア機能が低下してしまっているためです。
翌日以降のケアをさぼってしまうとせっかく手に入れた美肌も肌トラブルで悩むことになってしまうかもしれません。

翌日以降のケアは部位ごとにより異なるのでそれぞれ説明します。

顔脱毛をしたら、洗顔と保湿がポイント

まず気を付けるべきは洗顔時。
洗顔料を使用した洗顔はできれば避けておきたいくらいですが、それもなかなか難しいもの。
そこで最低限気を付けておきたいポイントを紹介します。

POINT

洗顔時は体温よりも低いぬるめのお湯で優しく行いましょう。

この時、指でこすったり、爪でお肌を気付付けないように気を付けてください。

次は十分な保湿を行いましょう。
特に室内でエアコンを使用しているとお肌はすぐに乾燥してしまうことがあります。
そんな時は、保湿効果のある化粧下地やパックなどを使用してできる限り保湿を意識してみましょう。

VIO脱毛の場合

VIOとはいえ、保湿は必要になります。
普段使っている化粧水や乳液でも大丈夫です。
ただし、油分が多い化粧品については少なめに使用しましょう。
VIOは蒸れやすいため、油分が酸化すると炎症を起こしてしまう可能性があるからです。

その他の部位

他にも腕や足などを脱毛した際も保湿が必要です。また露出する機会が多い箇所、例えば腕などは日焼け止めを塗るようにしましょう。

また保湿も入念に行うようにしましょう。
脱毛直後のお肌はバリア機能が低下しています。

家庭用脱毛器を使った後は紫外線対策も入念に

家庭用脱毛器とはいえ使用した後は紫外線対策も入念に行いましょう
脱毛器にはターンオーバーを促進する効果がありますが、言い方を変えれば未成熟な皮膚が表に出てきてしまうことになります。
未成熟な皮膚は、お肌のバリア機能も普段より低下しているため、外的刺激に敏感です。

この状態で、紫外線や花粉といった外的刺激に対して対策をしないと、シミなどの肌トラブルを生じさせてしまいます。

特に脱毛器を使用した直後2週間は家の中にいても、太陽が昇っている間は脱毛箇所に日焼け止めを塗るなど紫外線対策を行いましょう。
家の中にいるとはいえ紫外線は入ってきてしまいます。

手間かもしれませんが、小さな積み重ねでシミを予防することができます。

顔に家庭用脱毛器を使用したらメイクの時も注意が必要!

顔に家庭用脱毛器を使用した場合は、メイク時の摩擦が生じないよう注意を払う必要があります。
化粧下地やファンデーションを使用するときは、やさしくお肌にのせるようなイメージでポンポンと軽くたたくように行いましょう。
また化粧下地やファンデーションも保湿効果の高いものを選ぶことで、弱ったお肌のバリア機能をサポートしてあげましょう。

脱毛器を使ってシミができた!?実はよくある勘違いかも

家庭用脱毛器を使用した場合でも、ターンオーバーが促進されます。
ターンオーバーが促進されることで、今まではお肌の奥にあり隠れいていたシミ(シミ予備軍ともいわれたりしますね)が、お肌の表面に浮き出てくることがあります。
もともとはシミがなかったため、急にシミができたと勘違いすることもありますが、自然となくなるため特に気にかける必要はありません。

最後に

家庭用脱毛器でもIPL脱毛は脱毛にもシミ、そばかすにも効果がありますが、使用後のケアを怠るとせっかくの美肌に傷をつけることになってしまいます。
脱毛後はきちんとケアをして理想のお肌を手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました